とっておき満載! 母親に贈りたい誕生日プレゼントNavi

贈る側も贈られる側も嬉しい 母の誕生日プレゼントの選び方

プレゼントを渡すならサプライズで!

お母さんへの誕生日プレゼントサプライズで誕生日を祝われると、嬉しさがより増しますよね。毎日頑張っているお母さんのために、サプライズを用意して、喜んでもらうというのはとても素敵なことだと思います。

けれど、サプライズと一言で言っても、「何をどうすれば喜んでくれるのか分からない…」という方のために、成功したサプライズの例をいくつかご紹介しますので、是非参考にして、お母さんを喜ばせてあげてください。

『お母さんが喜んだ!』お誕生日のサプライズ集

  • お店ぐるみでサプライズ

家族で食事会という名目で還暦を迎えた母を飲食店へ誘い出し、家族みんなで食事を楽しみ、帰り際にあらかじめ用意しておいた兄弟1人1人からのプレゼントを、ケーキと共にプレゼントしました。店舗スタッフにも事前に相談してご協力いただき、盛大なお祝いに母も大変喜んでいたようです。

(30代男性⇒還暦母)

  • お家でサプライズ

母の誕生日に、私の子供(孫)と弟、主人でサプライズのお祝いを計画しました。母には家で一緒にご飯を食べようと伝えて、料理を振る舞い、最後にプレゼントと共にこどもと作成したバースデーカードも添えて渡しました。

ただ、再三サプライズだと伝えていたのに、主人が母に「お誕生日おめでとうございます」と言ってしまったのは失敗でしたね。でも、母はとても喜んでいたので、まぁ成功かなと思っています。

(20代女性⇒50代母)

  • 天然の母にプレゼント

母の誕生日に、姉と二人でサプライズを仕掛けました。

プレゼントを誕生日当日の夜に買いに出かけ、閉店ギリギリ(むしろアウト…ぐらい)の時間に購入。当然帰宅は遅くなったのですが、ただ帰ってプレゼントするだけでは面白くないということで、駐車場に停めてある車の下にプレゼントを置き、家に帰って「お母さん!車の下に猫いるー!動かないんだけど!死んでるのかな!?」と、母を車まで誘導。ビクビクしながら車の下を覗き、それを見た母は「本当だ、動かないねー」と真面目に猫だと信じてしまい、それを見た姉が笑いをこらえきれず爆笑!母もようやくおかしいことに気づいたらしく「なにこれ…?あ!え?これプレゼント!?」と正体を発見し、無事サプライズは成功しました。天然の人にサプライズを仕掛ける人は気を付けましょう(笑)

(20代女性⇒50代母)

  • 頑張って働く妻にサプライズ

我が子が3人とも幼児だったころの自身の誕生日、妻はフルタイムで働いており、帰宅は20時を回っていました。部屋を暗くして、ロウソクをつけてワクワクした子供たちと待機。妻が帰ってきたらHappy Birthdayの歌とともに、4人で一生懸命選んだプレゼントを渡しました。

遅い帰宅だったこともあり、妻は自分の誕生日のことなどすっかり忘れていた様子で、とても喜んでいたようでした。

(20代男性⇒20代妻)

  • 予想外のサプライズ

息子の誕生日パーティーやクリスマスなどはキチンとやりますが、私や夫の誕生日パーティーはおざなりになっていました。私の誕生日だったその日は、偶然有給を取っており、いつもは一人で塾に向かう息子を送り出してあげることができました。そのとき、なんとなく「あら、そういえば、お母さん今日誕生日だわ…」とつぶやいたんです。

塾の講義は9時には終わりますが、先生が熱血な方なので、9時半になる日もたびたびありました。しかし、その日は10時近くなっても帰ってこない。さすがに心配になって、途中まで迎えに行ったんです。

家の前の大通りを見ると、遠くの方にヘルメットをかぶった息子が自転車を押しながら帰ってきていました。緩やかな坂道なのに自転車を押して歩いてきていたので、事故にでもあったのかと思い、走って息子のところに行き「どうしたの?ケガでもしたの?」と聞くと、「あ~あ、見つかっちゃったか~」とニコニコ顔の息子。

自転車のハンドルには、小さなビニール袋がぶら下がっていて、それを見てすべてを察した私は、もう涙が止まりませんでした。

息子が「お母さん、きょう誕生日でしょ?ケーキが崩れちゃうから、俺、自転車押して帰ってきたんだよ。」と笑いながら言っていた姿は、今でも忘れられません。それ以来、家族全員の誕生日はキチンと祝うようにしています。

(10代男性⇒40代母)

お母さんの誕生日プレゼントにおすすめ!
サプライズと共に渡したい母へのプレゼントランキング>>